インテリアの基本

北欧インテリアのおすすめを読む前に

こんにちは。

このページを開いていただき本当にありがとうございます。

当サイトでは「かんたん!北欧インテリア」をテーマに、

センスのいい部屋づくりを後押しする、

おすすめ北欧家具・インテリアアイテムの紹介を行っていきます。

家具だけでなく、

インテリアを構成するアイテムを網羅するため、長い期間がかかりますが、

インテリアアイテムを買うときに必ずチェックすべきサイトとなることを約束します。

もちろん新作の発売や、インテリアトレンドの変化に合わせて、

選定品は随時更新していきますので、

永年使えるツールとして見ていただけたら、と思います。

なぜ北欧インテリアなのか

もちろん私が家具デザイナーとして、北欧デザインが得意であり、

よく理解しているからということもありますが、

それ以外にも北欧インテリアをおすすめする理由は大きく分けて3つあります。

それは「再現性、普遍性、拡張性」の3つです。

賃貸を含めた日本の住居に合う再現性

一般的な日本の住居は「フローリング+白い壁紙」の部屋がとても多いです。

北欧インテリアは木製家具がメインであり、

「フローリング+白い壁紙」の部屋によく合います。

何も考えずにおすすめアイテムを置いても、まとまるのです。

「部屋に何を置くべきか」は「部屋がどうできているか」にとても影響を受けます。

誰でも何処でも合わせやすいのが北欧インテリアなのです。

嫌いな人がいない普遍性

北欧インテリアが特別好きではなくても、嫌い!という人っているでしょうか?

少なくとも私は聞いたことがありません。

インテリアに自分の趣味を押し出すのも大切ですが、

家に来た人に気持ちよく過ごしてほしい、

素敵な部屋だと思ってもらいたいという人も多いのではないでしょうか。

北欧インテリアは、最も「おしゃれさ」と「万人受け」を両立でき、

誰を家に呼んでも、「センスいい」と感じてもらえるインテリアテイストなのです。

幅が広く、アレンジしやすい拡張性

一言で北欧インテリアと言っても、

北欧ナチュラルから北欧モダン、

ニューノルディックと呼ばれる現代的なテイストまで多岐にわたります。

ざっくり特徴を書くと、

北欧ナチュラル→ナチュラル色の家具、差し色で鮮やかなカラーや北欧柄のファブリック

北欧モダン→スチールなどの異素材とのミックス、ダークブラウン色の家具、トーンの統一

ニューノルデック→ミニマルに単純化されたアイテム、マットな単色使い、

ただし全て「木製家具」をベースに組み立てていることは変わりませんし、

これらの要素をミックスしているインテリアがほとんどです。

この北欧インテリアの幅の広さは、

単体では北欧デザインとは言えないようなものも含め、

多様なアイテムを受け入れてくれます。

北欧インテリアは、オリジナルのインテリアを作り上げるベースにもとても良いのです。

北欧インテリアを選ぶ基準

おすすめとして紹介するインテリアアイテムの選定基準は3つあります。

それは、「使いやすさ、デザイン性、手に入れやすさ」です。

誰でも使いやすい機能性

家具やインテリアアイテムは毎日使うもの。

従ってやはり使いやすさは大前提。抑えるべき基準です。

デザインは良いけど、使いづらい物は極力選ばないようにしています。

シンプルかつ洗練されたデザイン

もちろん、見た目が良いことは大前提。

その上で、毎日使うものは飽きが来てはいけません。

飽きないアイテムの特徴は「癖がないこと」

デザイン的に癖がなく、洗練されたアイテムを選んでいます。

国内ネット通販で購入できる手に入れやすさ

北欧インテリアアイテムには、

国内流通がなく海外サイトでしか買えないものから、

廃盤品やビンテージなどで、なかなか手に入れづらいもの、

東京の一部のショップ店頭のみで取り扱っている物なども多々あります。

いくら良いアイテムでもなかなか手に入らないのでは意味がありません。

「今、国内サイトから買えるもの」のみピックアップしました。

既存のインテリアサイトの問題点

おすすめ~家具〇選!という記事は既にネットにたくさんありふれていることでしょう。

しかし、インテリアに長年携わってきた者からすれば、

どの記事を見ても満足いく内容のものはありませんでした。

その理由としては、

①自社で取り扱う商品しか紹介していない

→インテリアショップやメーカーなどの記事はほぼこちらです。

企業からすれば当然のことですが、買う側からすれば選択肢を狭めてしまいます。

②選定品がありふれていて、誰でも知っているようなものばかり

→キュレーションサイトなどのインテリア専門でないサイトに多いパターン。

知識が浅く有名なアイテムしか紹介することができないか、

多く検索されるために有名な物しか紹介する気がないかのどちらかです。

③選定品に統一感がなく、比較になっていない

→個人ブログ記事はほぼこちら。

ほとんどの家具を良く知らない方が書いた「おすすめ〇選!」では、

選定品の「粒度」が揃っておらず、

全く異なるデザイン、用途、価格、サイズを一緒くたにして紹介しているものばかり。

はっきり言って、選ぶ立場からすると全く参考になりません。

正直、そのようなサイトが参考にされているようでは、

日本人全体のインテリアセンスまで下がってしまうと思い、

このサイトを構築するに至りました。

最後に

このサイトでは、日本中のインテリア通販サイトから厳選したおすすめアイテムを、

アイテム種別×サイズ・形態別×価格別に分けて紹介しているので、

要望に合わせて比較検討することが可能となっています。

また、有名無名にかかわらずセレクトしていくので、

このサイトでしか紹介していないアイテムも多くなるでしょう。

以上は家具デザイナーならではの豊富な知識があるからこそできることであり、

他のサイトでここまでこだわって紹介しているところはありません。

北欧インテリアのアイテム選びに関しては、

まずこのサイトを見てもらうのがベストだと自負しています。

どうぞご覧になってください。

簡単にあなたの部屋を、おしゃれでセンス良くできる、

北欧インテリアの世界へようこそ。